売りたい広めたい商品はあるがどうすれば?売り方向上シリーズ

身の丈に合っていない選択肢を選ばないようにするには?

あなたはどの手段でゴールを目指しますか?

あなたはどの手段でゴールを目指しますか?

自分の実力を把握していますか?

『身の丈を知る』とは言いますがビジネスの成功法則においても同様のことが言えます。
身の丈を知るとは自分の実力を知るということ。

結果を求めてどんなに頑張ったとしても、そのやり方が自分の身の丈にあってなければ、
途中でやりきれず脱落したり、気持ちが持たず続けられなかったり、思わぬアクシデントで前に進めなかったり、
そう簡単には欲しい結果(ゴール)には到達できません。
何となくわかるがピンと来ない部分もあるかもしれません。

登山で例えてみましょう。もちろん頂上がゴールです。
では、この頂上をビジネスの欲しい結果だとします。

頂上を目指すには幾通りも手段があります。山の片方の一部分は断崖絶壁だったり、片方には急な斜面で悪路続きだったり、滝や思わぬ障害物があったり、そして人の手で作られた人口の長い階段があったり、
こちらも作られたひたすらなだらかだが遠くて長い迂回コースだったりするかもしれません。

さてあなたはどのコースで頂上を目指しますか?
貴方がロッククライミングのスキルがあれば断崖絶壁を目指すのが最短かもしれません。
悪路に強い乗り物や道具を持っているなら悪路を目指すのもありでしょう。

しかし足腰が弱っていて階段すらつらく、ゆっくりしか歩けないかもしれません。
そんな時遠い迂回コースを選ぶ必要があるでしょう。
こうして登山に例えると大半の人は自分の選択肢はすぐにわかるはずです。

 

身の丈が大事なのはビジネスも全く同じ

なのにビジネスとなるとそれに気づかない。
最短距離の魅惑についついロッククライミングのスキルもないのに
そのコースを選択して脱落してしまう。

実はこれがすごく多いのも事実です。

身の丈に合っていない選択肢を選ばないようにするには、
自分を知ることが大切なのです

自分の力を過信せず、そして簡単に自己診断せず、
まずは自分(自社)の実力を知り、そのうえで何が一番適切なのか?
これを考えてみることをお勧めします。

コチラで自己診断方法を掲載しています

公開日時: 2016年6月17日  更新日時:  2017年8月20日

関連記事

  1. 気をつけよう!自分の事は意外に自分が1番わからない?
  2. 上から目線だと 思われるのを避けるには
  3. 交流会などでエレベータートークは本当に使えるのか?
  4. 【調査】8割がこれで行き詰まる軽視してはいけない行動マインドとは…
  5. 経営者は自分と他人の奇抜なファッションに要注意
  6. 【起業家のための自滅防止シリーズ④】間違いだらけの自己診断(その…
  7. 『あいづち』には上手い・下手がある 「人の振り見て我が振り直せ」…
  8. 好きな事で仕事(起業)をする盲点とは?
PAGE TOP