今はインフレとデフレのちょうど真ん中あたりかもしれない。

今はインフレとデフレのちょうど真ん中あたりかもしれない。

今週の月曜日に、某レストランチェーンに行きました。大体1人単価が1,700円とか1,800円くらいでしょうか。ちょっと高めの価格設定。

到着したのが午後5時30分位だったのでまだ中に客はいない状態。
しかしそこから約30分にかけて続々とお客さんが入ってくる。

平日であるにもかかわらず、これだけお客さんが入るとは。

四季報で見るとこの企業、勢力を伸ばしてはいるけれど、原材料費が圧迫して、利益は思ったほどは出ていない状態。もしかしたら今後は価格の上昇があり得るかもしれませんね。

とは言えこの高価格帯のレストランに平日の夜にもかかわらずファミリー層がそこそこ入ってくる。
それに対して、デフレ時代には好調であった某ラーメンチェーン店はあまり調子が良くないようです。低価格帯の某焼肉チェーン店も、レストランの道中にあるのですが、
どうもお客さんは入っていないような感じ。(他の日は知りませんが)

デフレ時代には好調であった低価格帯の飲食店がちょっと状態が悪くなってきて、高価格帯の飲食店は、原材料費が利益を圧迫してはいますが、勢力を伸ばしている状態。
(他もチェーン店で高価格帯のレストラン。個人展ではあるけれどもやはり高価格帯のレストランが大体結構客が入っている)

徐々にデフレからインフレへの転換が出てきているかもしれませんね。
(インフレとは、通貨価値が下がっていくこと。デフレとは通貨価値が上がっていくこと。)

デフレからインフレへと移る転換点では、この3つのことが考えられます。
1、インフレになりつつ〇〇が上昇する
2、インフレになりつつも、〇〇は上昇しない。
3、デフレに戻ってしまう

1になるなら良いですが、2になるときついですね。もしかしたら2を避けるために今回黒さんが続投したのかもしれません。

2は困るなぁ。

3は避けたいですね。株価や雇用を考えると。 多分今の状況から考えると、3にしないように調節するでしょうね。
現在のメンツでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です