知らない情報を知る事も大事だが、知っている情報をいかに組み合わせて認識を深めるかという事も大事

ネットや本に何気なく書かれている事にとんでもない情報がある

それはごく普通に書かれていたりする。ごく当たり前の情報だったりする。ひょっとするとたまにしか見かけないのかもしれない。でも情報収集を頻繁にする人にとってはごく一般的な情報であったりする。

しかしその中に、皆がスルーするとんでもない情報があったりする。ふーんそんなこともあるんだと思っている事が、投資におけるパフォーマンスを一変させる。真剣に考えれば概念、根底的な前提を一変させる情報が転がっている。情報価値にしたら数億円と思える情報がネットや本に転がっている。

素晴らしいサイトほど、スルーされ続けている。誰もコメントをつけない。グーグルで検索をかければ見つかるのに、アクセスが全くないサイトがいくつもある。

コメントがついていないという事は、誰も理解していないかあるいは全くつまらない事だと思っているのだろう。ごく常識的な、あるいは少々マニアックではあるけれどもマニアにとっては一般的な概念を組み合わる事で認識は大きく変わる。飛躍する。案外世の中はそういうものだと思った。

知っている情報をいかに組み合わせて認識を深めるか

知らない情報を知る事も大事だが、知っている情報をいかに組み合わせて認識を深めるかという事も大事になってくる。

見つけてもらう方法、売り込まない売り方、ブランディングとは何か、需要と供給、ツーステップマーケティング、これらの概念でフレームワークを作っていけば、あとの変数は相当に減る。他の部分の理解が大幅に進んでいく。

ある別の理論や理由が、今まで知っている理論や理由で別の角度から説明できるようになってくる。

関連記事

ページ上部へ戻る