失敗しない為の起業ノウハウ

脱落していく起業家の特徴

脱落していく起業家の特徴

脱落していく社長や経営者には、特徴がある

起業家でなくてもそうですが、脱落していく社長や経営者には、ある特徴が現れます。脱落していく社長や経営者は、このような特徴が見えてきます。

それは、

何かのビジネスをする時、行動をする指針が、

「お客様の方を向かず、自分の楽しみや、自分の好きなようにやりたいという方向に向いている時」

 

この時に自滅してしまうような傾向があります。
そして気を付けて頂きたいことが、お客様の方向を向いていないときに、やってしまいがちなのが、
「上から目線」というもの。

こうなると、もういかんともしがたいのです。
もし何かうまくいかない時があった場合、責任はお客様の方にあると責任転嫁をしたり。
自分を選ばない客の側が悪いとか。
自分はこれだけ、素晴らしいものを提供しているのに、これだけ独創的なものをつくりあげたのに、それがわからない客の方が理解力がないだとか。
なんでこんないいものの良さがわからないなど。このような状態に陥ってしまう。

これ、自分がお客さんの側だとすぐにわかることですが、提供する側になると急にわからなくなったりします。
ただこれも、向かうべき方向性が、お客様の側に立った方向性であるならば、そうはなりません。

 

結局誰を喜ばせないと対価が貰えないかというと

ビジネスにおける1番の基本的なところは、お客様がいてこそのビジネスだということだと考えています。
そこにお客様がいるからこそ商品やサービスを提供し、そして対価をいただく。

この一連の流れがビジネスだとするならば、提供する側とお客様がいるというのが大前提。

つまり提供する側は、
お客様がいるものだという大前提を
常に忘れないでおかないといけない

ということですね。

 脱落を回避するには?

では、脱落した経営者にならずに、
さらには、
お客様から選ばれるビジネスを構築するためには
どうすればよいのか?

選ばれるためには、
どのようなことを踏まえて情報発信を行ったらいいのか?
ここがわかれば脱落することはなくなります。

そして、
それを実現させるためのこれからの戦略・方針を決めていくことになります。

その方針の作り方は、こちらでまとめています。

関連記事

  1. これは危険!「お客様や商品は絞り込め」や選択と集中は危ない
  2. 気をつけよう!自分の事は意外に自分が1番わからない?
  3. 「信頼」を得られずに成約出来ない3つの理由とは?
  4. 伝える力と例える力 【重要】商売を一瞬で変える秘訣『伝え方4つの極意』とは?
  5. 交流会などでエレベータートークは本当に使えるのか?
  6. 個人事業主の方向け-起業で最初の実績と受注を作る方法
  7. この状態ではセミナーに行ってはいけない7つの特徴
  8. 「本当は実践していない人の特徴と嘘の見分け方」6つの法則
PAGE TOP