長期株式投資を始めるのに必要なパソコンの性能は?

長期株式投資を始めるのに必要なパソコンの性能を気にする人がいたので、ここに書いていこうと思う。
結論から言うと、長期で株式投資をするときに必要なパソコンの性能は、そんなに高くなくて良い。

ちなみに自分が使っているパソコンはこれVAIO Pro 11.6型ワイド

投資以外にも仕事でも使っているが、軽くて持ち運びがしやすいという点で、これを購入した。画面がタッチパネルなので、操作が直接画面に触れて行える点もよい。

ただ細かい文字を読むときには、画面が小さいので、長時間使うにはお勧めできない。
調査をするときにはパソコンの画面の大きさや、読み込みの速度、起動の早さなどが大事になる。
それは、画面の大きさは目の酷使を無くせるし、読み込みの速さは時間の浪費を抑えるからだ。

家で使うパソコンならば、
画面の大きさは15インチ以上。

持ち運びをするならば、画面の大きさは13インチ以上で、
ストレージが、ハードディスクではなくSSDの方が、起動速度、読み込みが早いのでオススメだ。

メモリやCPUもなるべくならば、購入できる限り、1番上のランクが良いが、そこまでこだわらなくても良いだろう。
頻繁には取引はしないので、通信速度やデュアルディスプレイ(2画面)にするなどはあまり気にしないでもよい。

欲しいソフトは

エクセル・・・分析や記録を残す時に使う

欲しい周辺機器は

プリンター・・・記録や分析など印刷するため。紙で残しておいた方がいい。パソコンが壊れて記録が無くなることへの対策。クラウド化していても紙で残そう。

結論
とにかく、長期投資を行うときには、調査をするというのが非常に大事である。
調査をするときに画面の大きさと読み込みの速さ。この2つが重要になる。
目を酷使すること、読み込みが遅く、時間を浪費する、この2つは、パソコンに出すお金で解決のならば、できれば賄っておきたいところ。