誰しも素晴らしいと認めてくれるアイデアの落とし穴

次の需要を予測した行動や、比較されて埋もれないようにするには
たるもの、少々自分が良い事いったからといって

周囲から無視されるのが宿命である。

そんな時はこう思う事だ。

よし、スルーされたか!

と興奮するくらいで丁度いい。

あなたのアイデアを周囲がただちに理解してくれるようでは、永続性がないといえるだろう。

誰しも素晴らしいと認めてくれるアイデアは、恐ろしい競争が待ち構えている場合が多い。

長期的には正しい行動を取っているのならば、何も急ぐ事はない。

焦らない事、余裕のある事で優位性を確保する。必ず勝つ戦略をとること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です